第三種冷凍機械一部免除講習体験記

  • 2011/07/05(火) 20:36:03

たまにはビルメンらしい記事と思いまして、高圧ガス保安協会の冷3講習へ行ってきたことなど。


こいつは、ビルメン4点セットの1つである「第三種冷凍機械責任者」を、よりカンタンに取るための講習っす。

どんなメリットがあるかと言うと、本番試験では


保安管理試験 15問出題、60%以上の正解で合格

法令試験   20問出題、60%以上の正解で合格


で、両方受からないとダメなんすけど、この講習を受けて最後の試験に受かると、保安管理試験のほうが永遠に免除されます。


ビルメン王は去年、冷3を受けてまんまと落ちたわけですが、保安管理が圧倒的に難しく、法令はボイラーや電工や乙4よりもカンタンという印象を受けました。

どうも周りの人に聞いてもそうみたいです。


ちょっと2回連続で落ちるのもヤですし、仮にもビルメン王を名乗っておきながら、

「実は4点セット持ってません〜 ( ≧∇ ≦)」

じゃカッコも悪いので、今回は有給・自腹でということで。


んでさて、この記事を書く前は、「冷3講習はもったいないからやめときなー」的な感じの記事にしようかと思ってたんですが、

この講習、すべての県でやってるわけじゃないんですね。

回数も大都市だと年2回、地方中堅都市だと年1回と幅があります。

講習をやってない地方の方はあえて無理して行かずとも良いと思いますが、地元開催してる方は、せっかくなんで行くのもよいかな?と思います。


講習の費用は、16,200円(ネット申し込み500円引き)と、かなり高額。

それにさらに、テキストをさらに買わなければならずそれが2冊で5,000円ほどします。

(テキストは高圧ガス保安協会で買おうと思って電話したら、会場で販売するってことなんで現地調達しました)

講習は3日間で、数週間後に試験をやりますので、4日ぶんの交通費もかかりますし、とにかくカネも時間もかかりますな。

正直、4点セットのなかで冷3って最もいらない資格だと思うんで、この高額費用は納得いかんのですが・・・


講習の内容は、講師が指定テキストの「ココが出るからアンダーライン引いて下さい〜」っつーのを聞くだけ。

OHPでも表示しますが。

この単純作業がものすごい眠いですが、試験に出る場所をあらかじめ教えてくれるんで、真面目に聞いてアンダーラインしないと損です。

あと、ビルメン王の会場だと後ろがかなり遠いので、眼の悪い方や耳の遠い方は会場の前の席を取ったほうがいいと思います。

席は自由席の早いもの勝ちなんで、会場に早めに行けば大丈夫です。


3日の講習のうち、2日がそういった保安管理の免除試験の出る場所教える授業、

最後の1日はなぜか意味のない法令の授業ですが、講師の人が、

「この試験は11月にやるんで、真面目に聞かなくていいです。 保安の勉強したいひとはしててくださいw」

とか、ぶっちゃけてましたww


およそ2週間後に試験がありますが、本番試験よろしく15問出題の9問以上正解の60%合格。

アンダーライン箇所は必ず出ますし、アンダーラインじゃない箇所は出かなったので合格率は高い・・・

はずなんですが、それでも例年70%程度だそうです。

ビルメン王も今回は10問正解。 やっぱ冷3の出題形式ってのは苦手ですわ。


とりあえずこの講習、行かなくて済むなら行かないほうがいいです。

あと、会場が遠いって人もやめたほうがいいです。

カネと時間がもったいないから。


しかし、どうしても確実に受かりたい方は受ける価値はあるんじゃないでしょうかね?

なかなかびみょうです。