人は変わっていくのね

  • 2012/08/23(木) 16:02:59

ビルメン → 焼肉店員 

の華麗な転職を果たしたものの、店内のパートアルバイトを食いまくって辞めてしまったジミー君。


その彼に最近会ったところ・・・


ジミー君「こんちはっす。 ビルメン王さん」

ビルメン王「うーっす・・・ って、ジミー君なにその格好!!」

ジミー君「ん? なにかおかしいっすか?」

ビルメン王「頭は金髪だし、ピアスってあけてたっけ? それにそのメンズナックル的な服とか・・・」




※ 参考画像 典型的なメンナク男子


ジミー君「いやぁ、彼女がこういった格好がイイ!ってゆーもんですから」

ビルメン王「彼女ってJKのほう? それとも主婦のほう?」

ジミー君「いえ、今はキャバの子と付き合って半同棲っす。 主婦とはまだつながってますけど」

ビルメン王「半同棲ねぇ・・・ じゃ仕事とかは決まったの?」

ジミー君「それなんすけど、自分今後スロットで食っていくことに決めたんすよ!」

ビルメン王「」

ジミー「スロットはパチンコと違って確実に勝てますからね! 彼女のためにもがんばらないと!」

ビルメン王「お・・・ おぅ・・・」

ジミー君「それじゃ自分、今から彼女を店まで送っていくんで!」


なんというか、ビルメン時代は地味で堅実な青年ってことでジミー君というあだなを付けたんですが、人間ってのは環境や周りの人間で変わるもんですねぇ・・・


まぁジミー君そのものが楽しそうなのはいいことなんですけど。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

割と好きなタイプ

3年後・・・・
ジミー君「ビルメン王さん、こんちわっす。実は会社作ってみたんすよ。やっぱギャンブルよりちゃんと働いて、彼女のためにもバリバリ稼ぎまくるっす!」

なんだかんだで、ジミー君タイプは、最後まで生き残れるタイプだと思います。

  • 投稿者: saku
  • URL
  • 2012/08/24(金) 15:06:10
  • [編集]

そいえばこないだ

こないだ、人づてに会った人がオーストラリアで板前やってて、
そこのオーナーがカジノ好きで、さすらいのギャンブラー(日本人
らしい)から、勝てる方法を200万で買ったらしいですが、
プロのギャンブラーにして、賭けた金額の10パーセント勝てれば
成功らしく、年間で1億かけて一千万の儲けだそうです。
結論から言うと、タネ銭が多くてなおかつ、金を紙切れと思いこめる人間だけが生き残る世界らしいです。勢いだけで勝てるほど
甘くなく、ここぞという時に賭けれる人間じゃないととのこと。
阿佐田哲也こと色川武大の本でも勧めといてくださいww

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する